ヤミ金の取り立て家族

ヤミ金は家族からも取り立てる

ヤミ金は家族からも取り立てる

ヤミ金は家族からも取り立てます。
例えば、兄弟が闇金からお金を借りたまま逃亡すると、家族に催促が来ます。
遠方にいても、家族の家に荒っぽい言葉で取り立ててきます。
もちろん法的には、家族は一円も支払う義務はありません。家族は保証人でもないので返済する必要はありません。
ただ、ヤミ金には、正論が通りません。
ヤミ金業者は本人が払い続けるまで払わせ、支払いが遅れれば他の業者を紹介します。
そして支払いが遅れれば、本人はもちろん家族にまで電話をしてきます。電話の内容はいやがらせで、あることないことを言ってきます。
そんなことをされると困るので、家族が払い続けることになると、ヤミ金業者はますますつけあがり、手が切れなくなってしまうのです。
ヤミ金業者は、本人が仕事をやめざるをえなくなるくらいのことは平気でやってきます。
どんどん追い込みをかけてきて、家族の勤務先に電話をしてくることなど、珍しいことではありません。
ヤミ金が家族から取り立てきた時は、法的権限のある弁護士などに間に入ってもらい、相手に対して通告してもらうことです。そうすれば、ヤミ金業者は意外とすんなり手を引いてくれます。

 

 

闇金の取り立ては家族や会社にも来るのか?

もしもお金に困った時、どの銀行も消費者金融も貸してはくれないからといって闇金に手を出してしまうと、法外な金利によっていつの間にか莫大な利息がのしかかり、借金返済が困難になることも多いもの。しかしそれでも闇金の取り立ては止まりません。これがお金を借りた自分だけへの取り立てであればまだいいのですが、彼らはなかなか返済されなければ今度は家族や会社にも取り立ての手を伸ばします。

 

まずは返済を求めて自宅を訪れ、家族に対して威圧的な言葉で迫ったり、または暴力を振るう場合もあります。また、嫌がらせの一環として1日中監視を続けたり、尾行を行ったりするなどして心の休まる時がないほど追い詰めてきます。さらにそれでも返済が行われなければ今度は会社にも訪れ、同僚や上司がいる前で本人を呼び出し、罵倒したり、罵ったりしながら屈辱的な言葉を浴びせかけ、さらには会社の中で物を壊したり、止めようとした同僚を逆に威圧したり暴力を振るうなどすることもあります。

 

いずれにしてもこうやって家庭の中や会社においても本人を守るべき場所、安心できる場所をなくし、さらには大切な人たちにまで危害が及ぶような脅しをかけることで極限まで追い詰めていきます。

ホーム RSS購読 サイトマップ